このサイトは次のURLに移転しました。
Book Markの変更をお願いします。
http://www.soupcurryfrontier.info
新URLへ移動します。








































TOP> 【東京】カレー

YELLOW COMPANY(イエローカンパニー) スープカレー@恵比寿

【東京都渋谷区(恵比寿)】〔スープカレー〕
YELLOW COMPANY(イエローカンパニー)
恵比寿  スープカレー  YELLOW COMPANY  イエローカンパニー

・ 『YELLOW COMPANY』

東京カレー巡りのラストは、恵比寿にあるイエローカンパニー。
(*札幌、スガイ裏のYellowとは全く関係ありません。)
店内はお洒落なカフェのような内装で、カップルも多かったです。
平日ランチタイム以外はペットの同伴も可能のようですよ!




YELLOW COMPANY(イエローカンパニー) スープカレー

・写真はランチメニューのチキン。予想を遥かに上回る大きな器で出てきました。
スープはトマトと玉ねぎの効いたブイヨン系。鶏ガラをベースに、少量の牛骨を合わせているような味でした。油膜のはった見た目よりもあっさりしています。
こちらのお店は総じて「標準的な札幌スープカレー」を思わせるもので、
野菜は大きめに処理された物がきちんと素揚げされていますし、
スープの味にもクセがなく非常に食べやすい仕上がりになっています。

一つ特徴的だったのは、サフランの使い方。スープにもライスにも強くサフランの味が出ており、時々ブイヤーベースやパエリアを食べているような感じさえ受けました。

間違いのない札幌流スープカレーを提供できているお店だと思います!
本州でスープカレーを知ってもらう導入店としては、最適と言えそうです。

すーぷかれーの店 うどん@五反田

【東京都品川区(西五反田)】〔スープカレー〕
すーぷかれーの店 うどん
東京都品川区(西五反田) すーぷかれーの店 うどん

・すーぷかれーの店 『うどん』

リンクさせて頂いている東京方面の方のブログをいくつか読んで、
評判の良さそうなこちらのお店を選びました。
こちらのお店は「スープカレー」でなく「すーぷかれー」。

ライスをすくってスープに浸して食べる札幌流はNG!
スープを一口、ライスを一口と、別々に食べるのが基本のようです。






夜すーぷ スパイシーひき肉

・写真は「夜すーぷ」に「スパイシーひき肉」をトッピング。カレーポッドで出てきたスープからは荒々しいバジルとスパイスの香りが立ちのぼります。食べてみると、まさにスープと言ったとろみのないさらっとしたタイプで、旨味がしっかりと効いています。また、具のチキンの味はもちろん、セロリや長ねぎの味が強く出ており、どこかビーフコンソメを思わせる味わいもあります。どちらかと言えばあっさり系スープに分類されるかと思いますが、不思議な深みがあり、どこにもない個性的な味に感じました。具はチキンのみ、スープも少なめ、食べ方や味を含めて札幌スープカレーの影響は感じられません。しかし味のレベルは非常に高く、きっと札幌のスープカレー好きにも受け入れられると思いました。

(*こちらの辛口スープ系のメニューはかなり辛めのようです。
辛いのが苦手な人はもう一つの中辛系のメニューを選んだ方が良いと思います。)


すぱいしーひき肉

・トッピングした「スパイシーひき肉」に塩味がついており、早めにスープがなくなっても大丈夫でした。こちらはクミンなどのスパイスと共に炒められており、辛みもわずかにあります。ややスープの少なさが気になるので、ひき肉をトッピングするか、スープを大盛りにすると良いと思います。

カリーライス専門店 エチオピア

【東京都千代田区(神田)】〔カレー〕
カリーライス専門店 エチオピア
【東京都千代田区(神田)】〔カレー〕

・カリーライス専門店 『エチオピア』

しっきーさんのブログを拝見し、かねがね行ってみたいと思っていたお店です。
(*真横に『オードリー』というスープカレー店があります。)






カリー エチオピア チキン

・写真のメニューはチキン、食べごたえのある鶏肉がごろっと入ります。こちらのカレーは小麦粉でとろみをつける欧風タイプではなく、玉ねぎを中心とした香味野菜を煮溶かしてとろみを出しているようです。見た目でインドやパキスタン系の濃厚なカレーを想像しましたが、食べてみると意外にさっぱりしていて重くない印象を受けました。エチオピアのカレーで最も特徴的なのは「クローブ」を強めに効かせてある点。クローブ(丁字)といえば正露丸と同じ精油成分を持ち、漢方薬としても使用されているスパイス。全く入っていないものは物足りなく、少しでも使い過ぎれば味を壊してしまうという使用量に注意が必要なスパイスです。エチオピアのカレーは、そのクローブを芸術的に使いこなしてみせています。どこにもない個性を出しつつ、決して嫌味のないクローブの使い方。ただただ、見事と言わざるをえないです。



じゃがいも

・さて、奥に写っているものはサービスの「じゃがいも」。注文後まもなくバターを添えて提供してくれます。カレーが出てくるまでの待ち時間に、カレーと一緒に、食後に・・・。
ちなみにこのじゃがいも、おかわりができるとか、できないとか。。。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。