このサイトは次のURLに移転しました。
Book Markの変更をお願いします。
http://www.soupcurryfrontier.info
新URLへ移動します。








































TOP> 【豊平区】スープカレー

ガラムマサオ スープカレー【移転/平岸】

【札幌市豊平区平岸】〔スープカレー〕
Soup Curry ガラムマサオ
ガラムマサオ,北24条,平岸,移転

・ 「ガラムマサオ」 が北24条から平岸に移転OPENしています。

スープは赤のみになりました。ごくまれに黄色も出ているようですので、
また食べてみたいという方はメルマガ登録してチェックしてみてください。
もちろんスパイスの効いたマニアスープは健在です。


メニュー表
メニュー表(クリックでさらに拡大)





炙りとろとろ豚角煮ベジタブル

・写真は 「炙りとろとろ豚角煮ベジタブル」。

相変わらず盛り付けの美しさと野菜の美味しさを特筆したくなるお店です。
最後に食べたのはかなり前ですが、玉ねぎの甘みが増して
トマトの酸味が気にならなく、より上等な洋風スープに仕上がっているように感じました。
炙り豚角煮は醤油で煮込んであります。

ライス

HOT MAX(ホットマックス) スープカレー

【豊平区平岸】〔スープカレー〕
HOT MAX(ホットマックス)
平岸,スープカレー,HOTMAX(ホットマックス)

・ スープカレー 「 HOT MAX(ホットマックス) 」

地下鉄南北線平岸駅すぐそばに新店がOPENしました。
専用駐車場はありませんが、店の正面にある駐車場を使用すると、駐車料金の補助があります。

メニューはチキン・ポーク・ハンバーグ・シーフード等、定番のものを揃えています。
特徴としては、ライスとフォーを選択できる点、
スパイスキューブ(後述)で辛味を加えられる点が上げられます。

とろとろポーク角煮,スープカレー

・ 写真は 「とろとろポーク角煮」 。

スープはあっさり系で旨味が効いており、玉ねぎを中心とした香味野菜の味が強く出ています。
ナツメグを強めに効かせたコンソメスープといったところでしょうか。

最初、土鍋の見た目から 「ばぐばぐ」 のような味のスープを想像していましたが、
食べてみると 「チュッタ」にかなり近い印象を受けました。

ライスでなくフォーで注文しましたが、これもあっさりスープとバッチリ合っていました。
ただ、フォーがスープを吸うためか、ややスープが少なく感じました。
スープをしっかり味わいたい人は、ライスにするか、スープ大盛りで注文すると良いでしょう。

スパイスキューブ

・こちらがスパイスキューブ。

スパイスを固めたものというよりは、辛味を固めたものと考えてください。
2つほど加えてみましたが、スープの味がガラリと変わり、ややトロミが出ました。
味を見ながら少しづつ加えて行くと、味の変化も楽しめると思います。

今や豊平区は、北区を超える激戦区になってきました。

Dutch-Oven(ダッチ・オーブン) スープカレー

【札幌市豊平区福住】〔スープカレー&ルーカレー〕
SOPU CURRY Dutch-Oven(ダッチ・オーブン)
豊平区,ダッチオーブン

・ 『 Dutch-Oven(ダッチ・オーブン) 』

スリランカ共我国/アジアンスパイスの創設者である水谷さんの後継人の方が
羊ヶ丘通り沿いに自らの店舗をオープンしました。
のぼりなどはまだ出ていないようでしたので、見落とさないように注意が必要です。

メニューにはスープカレーとルーカレーの両方があり、
チキン野菜980円始まり、牛テール1280円や牛シマチョウ1480円と価格帯に幅がありました。
アジアンスパイスで押していた,黒豚を使ったメニューも豊富でしたよ。


チキン野菜しめじ

・ 写真は 『 チキン野菜しめじ 』
鉄鍋で登場したスープカレーはかなり熱々で、
私がこれまで食べたどんな土鍋系のスープカレーより高い温度に感じました。
鉄鍋を使うあたりが、まさにダッチオーブンと言ったところでしょうか。
油の浮き方,その色や香りはまさにスリ狂のもので、しめじはもちろんヒラタケでした。

・スープは、現在主流の旨味系とは一線を画す,相当スパイスの効いたもので、
鶏ガラベースであっさりしてはいますが,スパイスを殺さない程度に旨味も効いています。
卓上のガラムマサラを加えれば、シナモン,クローブ,カルダモンが大暴れすることでしょう。


ルーカレー,牛テール

・ こちらはルーカレーの 「 牛テール 」.
牛テールは大きな骨の周囲についている肉のみが可食部のためボリュームこそありませんが、
とても柔らかく煮込まれており美味しいです。

・ ルーは小麦粉は使用せずに、玉ねぎとスパイスでとろみをつけてあり,
限りなくインドカレーに近いものに感じさせました。
動物性の旨味がしっかりしているところからすると、
鶏ガラスープを加えて旨味を補っているものと予想されます。
ショウガとトマトも効いており、また,カルダモンホールが残してある点も面白いです。

・今回,私が食べたルーは甘みがあり万人受けしそうな食べやすいものだったため、
アジアンスパイスで提供されていたラジャスタンとは全く別のカレーと考えて良さそうです。
(* アジアンスパイスにあったラジャスタンカレーというルーカレ―は、
クローブ暴走気味の,苦味がかなりきついカレーだったそうです。)

最後に…、
残念ながら、これまでのように新店情報を前線に立ってUPすることは難しくなりそうです。
ただ、まだ使っていない写真はたくさんあり、千歳・函館・富良野・ニセコそれぞれの遠征記事も書いていませんので、時間を見ながら少しづつUPしていこうと考えています。これからもよろしければお付き合いください。

コク道カレ― ルーカレー

【札幌市清田区】〔ルーカレー〕
カレ―街道つっぱしる コク道カレ―
コク道カレ―

・ 『コク道カレ―』

昨年末に 「RUKITA(ルキタ)」 という店名でOPENしたルーカレー店が、
店名から外観、メニューまでを一新してリニューアルオープンしました。

札幌中心街を背にして国道36号をひた走ると右手に見えてきます。
派手でインパクトのある外観ですので、見逃すことはなさそうです。


メニュー表

・メニュー表です。

カレ―の種類は国道名、カレーのサイズは山の名前で分類されています。
遊び心満点ですね。


コク道カレ―

・ 写真は基本の組み合わせ 「国道36号」 の 「藻岩山」 。

見ての通り低価格でボリューム満点のカレーです。
マヨネーズがかかり、カツがのっている見た目からはジャンキーな味を予想しますが、
ルーは濃厚かつ本格派で、驚かれることでしょう。

・それもそのはず、こちらは豊平区の 「エイトワン 」 のオーナーが出したお店ということです。
カレーはエイトワンで2種類あるルーのうち欧風カレーの方とほとんど同じのようでした。
(多少は変えてあるのかも知れませんが…)

・コストパフォーマンスを考えると、コク道カレ―の方がお得でしょうが、
マヨネーズやボリューム重視の方向性は、かえって好みが分かれるところかも知れません。

落ち着いた雰囲気で純粋にカレ―の味を楽しみたいならエイトワンを。
コストパフォーマンス・ボリューム重視の方や、
家族連れで行く場合にはBOX席の多いコク道カレ―を選択するのが良いでしょう。

ただし、コク道カレーは地下鉄やJRのどの駅からも遠く、
車がない方は福住からバスにのるしかなさそうです。

【まもなく閉店】moon36 スープカレー

【札幌市豊平区】〔スープカレー〕
サムズバイク スープカリー moon36(ムーン36)
moon36 スープカレー サムズバイク

・月寒のmoon36が10月4日をもちまして閉店してしまいます。
カルダモンと心地よい酸味が効いて、savoyにも似た完成度になっています。
残り2週間程度ですが、未食の方はぜひ行ってみてください!

【新店情報】 Buddha(ブッダ) スープカレー

【札幌市豊平区(月寒)】〔スープカレー〕
Soupcurry  Buddha(ブッダ)
Soupcurry Buddha(ブッダ) 豊平区月寒

・Soupcurry 『Buddha(ブッダ)』

先月、カレマニアン出身の方がもうすぐ豊平区にお店を出すという情報を頂いていましたので、
こちらのお店で間違いないでしょう。メニューはチキン、ラム、ベジタブルの3種類のみです。


ラムカレー スープカレー

・写真は 「ラムカレー」。

スープは見た目からスパイスオイルが分離した、ややこってりとした口あたりのもの。
ガラムマサラの基本スパイス(シナモン、クローブ、カルダモン)が強めに効いています。
パウダースパイスを長時間煮立てた時に出るようなとろみが付いている点も特徴的に感じました。

先日、旭川にあるアジア金星堂に行ってきたのですが、少し似てるかも知れません。
札幌では、似た味を見ない気がしますが、あえて例えると、
カレーリーブスのベーススープに、天竺のスパイスを加えた感じです。

いかにも無添加っぽいやわらかい味のスープは、流行りの旨味系ではなく、南インドやスリランカの系統に分類されるであろう味。スパイス重視のスープが好きな方にオススメなお店と言えるでしょう。
ちなみに、カレマニアンのスープとは、似ても似つかない味でしたよ。

***************************************************************
 『Soupcurry Buddha(ブッダ)』
住所:札幌市豊平区月寒東3条19丁目1-50
電話:011-855-3464
営業:11:30〜15:00(LO14:30)、17:00〜21:00(LO20:30)
定休日:月曜日
HP:http://www.currybuddha.com/
***************************************************************
地図情報はこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。