このサイトは次のURLに移転しました。
Book Markの変更をお願いします。
http://www.soupcurryfrontier.info
新URLへ移動します。








































TOP> 【北区】スープカレー

ゆず屋 スープカレー

【札幌市北区(麻生)】〔スープカレー〕
SOUP CURRY ゆず酒BAR ゆず屋
SOUP CURRY ゆず屋

・ SOUP CURRY 『ゆず屋』 。

H22.4.1に地下鉄南北線麻生駅すぐそばにOPENした新店です。
場所が分かりにくいので、事前によく確認していて行く必要がありそうです。
メニューはチキン、ポーク、ベジタブル、オクラ納豆の4種を揃え、
価格帯は850円〜950円と手頃になっています。


ゆず屋,厚切りポーク

・ 写真は 「厚切りポークのスープカレー」。

こちらは醤油のしみたジューシーな角煮が3つ入るメニュー。
盛り付けから丁寧な仕事とセンスの良さがうかがえます。

スープはすっきりとした鶏ガラベース、軽くトマトも効いています。
甘みが強めでしっかりと旨味を感じるタイプで、最近の新店に多いタイプではないでしょうか。


ゆずスパイス

・ こちらはゆずスパイス。1杯加えてみたところ、和風な雰囲気が強く出ました。
味が変わるので、半分程度まで食べた段階で入れた方が良いかも知れません。

万人受けしそうなスープの味、野菜や角煮の調理等、場所に恵まれれば、
人気店になってもおかしくないレベルに感じました。夜は店名にもあるゆず酒が楽しめるそうですよ。

CURRY FARM(カリーファーム) スープカレー

【札幌市北区】〔スープカレー&ルーカレー〕
CURRY FARM(カリーファーム)
カリーファーム スープカレー

・ SOUP CURRY 『 CURRY FARM(カリーファーム)』

住所は北区北16条西5丁目.
クレイジースパイス裏手に登場した新店です。
スープカレー,ルーカレーの両方を用意しています。


カレ―ファーム Curry Farm

・ 写真は 「道産豚ロースのスープカリー」
富良野の人気店 「ふらのや」と同じかなり大型の器で登場しました。

・スープは動物系の旨味と野菜の甘味の強い濃厚ブイヨン系.
乳化度がかなり高いらしく、スープは白濁し,非常にまろやかな口当たりです。
ブイヨンの濃さは、Oh!Rangeや美味しかった時期のSAMURAI・laviと互角以上.
器で想像したとおり、スープもふらのやに近い印象で、間違いなく関係がありそうです。

・また、「ふらのや」はスパイスの使い方がカレ―粉っぽい風味だった点が気になりましたが、
「カリーファーム」は標準的なスープカレー店のスパイス使いに改良されているように思いました。
さらにスープカレーらしく、さらに美味しくなっている印象です。

・ふらのやへ行った際、ルーカレーの方も食べたのですが、かなり美味しかった記憶があります。
こちらでは未食ですが、ルーカレーの方も期待できそうです。

ガラムマサオ スープカレー

【札幌市北区】〔スープカレー〕
スープカレー専門店 ガラムマサオ
IMG_3365 2.jpg

・『ガラムマサオ』

写真は 「パリパリチキンベジタブルスープカリー」 の 「大地の恵み赤スープ」。
赤スープはキャベツやたまねぎの甘みを感じる、トマトベースの洋食系。
黄色と比較すると素材感が強く、ブイヨン系とも言えるのではないでしょうか。

また、野菜の調理が素晴らしく、どれも甘みがあって非常に美味しいです。
美しい盛り付けで、見た目から楽しませてくれるお店です!

てら家 北大通店 スープカレー

【札幌市北区】〔スープカレー〕
てら家 北大通店
.てら家 北大通店 スープカレー

・『てら家 北大通店』

白石区の本店、中央区にも支店があり、現在札幌市内に3店舗。



てら家 チキン
【チキン+ココナッツ】

・メインのチキンは皮を焼き付けてあります、出汁を取るのにも使っている感じですね。
てら家のスープの特徴は、その真っ黒な色と強烈に主張する鶏と魚介系の旨味。
初めてココナッツをスープトッピングしてみましたが、かなりの量が加えられているようで非常に甘いスープに仕上がっていました、超濃厚。

最近、公式ホームページを作ったり、期間限定で横丁にも出店したりと勢力的。
雪祭りの時期と重なり十分なお客さんが期待できるんではないでしょうか。

Voyage(ヴォイジュ) スープカレー

【札幌市北区】〔スープカレー〕
札幌スープカレー専門店 Voyage(ヴォイジュ)
Voyage  ヴォイジュ  スープカレー
【サクッとハーブチキン、夏島】

・新しい日替わり濃厚スープが出てるようなので土曜日に行ったんですが、ローテンションがずれていてました。写真のスープは現在,月曜のみの「夏島」(2009.01.04)
PicanteもVoyageも白濁系スープが淘汰されつつあるようなので夏島はむしろありがたい、・・・と思いきや、この日の夏島はだいぶ豚骨の濃度落ちている気がしました。
それでも水準は大きく超えていますので、なんだかんだ言ってまた行くと思います。基本メニューで1000円前後のスープカレー店が増えてきていますが、その価値がある味やボリュームを提供できれているごくわずかなお店の一つですから。

Picante(ピカンティ) スープカレー

【札幌市北区】〔スープカレー〕
札幌スープカレー専門店 Picante(ピカンティ)
Picante(ピカンティ)
【縄文/チキンレッグ】

・写真のスープは『縄文』
「開闢」が売り切れる21時過ぎから出始める代替スープです。
開闢と同様の鶏ガラ・魚介ベースに豚背脂が浮かびます。開闢と比べるとカツオ節や椎茸のような和風味は控えめで、サバ節や魚醤といった旨味が強く出ています。スープの濃度は開闢と同じくらいですが、油膜はかなり厚いです。
Pica系はジャガイモが固いのが唯一気になっていましたが、今は圧力鍋調理を思わせる柔らかさ。具のボリュームもスープの量が多いのも嬉しいですね。そういえばアボカドが入ってなかったなー?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。