このサイトは次のURLに移転しました。
Book Markの変更をお願いします。
http://www.soupcurryfrontier.info
新URLへ移動します。








































TOP> 【中央区】スープカレー

電気食堂 スープカレー(カレー汁)

【札幌市中央区円山】〔スープカレー〕
電気食堂(でんきしょくどう) カレー汁&明治のハンバーグ
電気食堂 円山

・円山某所。
・・・毎晩のようにカブが数台止まっている場所が。。。





電気食堂

・ 『電気食堂!!』

不思議な不思議な食堂です!
(紹介してよいものかどうかずっと迷ってたんですが・・・。)




昭和

・真っ暗な店内は昭和を思わせるレトロ感が溢れます、昭和ノスタルジーって感じ。
割烹着を来てちょっと健気な印象を受ける女性が出迎えてくれます。





暗い

・とにかく店内が暗い。
ピンボケしやすいですが、補光機能のあるカメラは設定の仕方を確認しとくと良いですよ。なければフラッシュたくしかないんですが、お店の雰気があるので・・・泣。
          









メニュー メニュー2
メニュー表(クリックで拡大)

(*1drink制ですが、食事メニューが激安になっており、ソフトドリンク200円均一、アルコールメニューも300円のものが多くかなり良心的です!)





ドリンク







・スープカレーにあたるメニューはこれ、
カレー汁






カレー汁


☆  カレー汁  (ライス付き 490円) ☆

*「未来」→「過去」→「現在」の順で辛くなり、「現在」を選択したところ大量の輪切りピッキーヌが入りスープカレー的激辛に感じました。辛さ設定はかなり高めのようで過去でも相当辛いようです。


カレー汁

ややあっさり激辛系
・(だいぶ前なのでハッキリとは味が思いだせませんが・・・)
オリジナリティーある強烈なスパイス感が特徴。最近の流行の旨味系ではなく、スパイスがガンガン攻めてくるタイプです!!ピッキーヌの酸味がスパイス感をいっそう高めます。まさに「スープカレー」といった仕上がり!メインの具は香辛料の効いたフライドチキンで、ちゃんと素揚げされた野菜も入ります!旨いです、しかも490円!!




昭和のハンバーグ

・こちらは人気メニューの「明治のハンバーグ」!
3個で350円です、ハンバーグに衣がつけて揚げてあり・・・メンチカツですね。
どこらへんが明治なのかよく分からないけどレトロで旨い、はまります!



会計にもこだわり、「そろばん」を使ってくれますよ〜☆
メニュー全体に昭和価格なのかかなり安め!
(*ソフトドリンクとカレー汁で690円也。)

続きは明日以降に・・・、ルーカレーとちょっと変わった接客ついて書きます。

*********************************
『電気食堂(でんきしょくどう)』
(*1drink制。食堂ですので食事メニューもお願いしますとの但し書きあり)
住所:北海道札幌市中央区南四条西23丁目
営業時間:17:00〜25:00
定休日:火曜日
*********************************
地図情報はこちら

山の猿 極(北3条店) ランチスープカレー

【札幌市中央区】〔スープカレー〕
もつ鍋と炭焼 山の猿(やまのさる) 極(きわみ) 北3条通り店
山の猿  極  北3条店  ランチスープカレー


・もつ鍋と炭焼 『山の猿 極(北3条店)』

ホテル1階にある「とりの介」と同系列のチェーン居酒屋、
『山の猿』北3条店のランチメニューの主力は本格スープカレー!




メニュー
メニュー(クリックで拡大)

*スープカレーは11:30〜15:00まで、





チキンスープカレー



☆ チキンスープカレー 5番  ☆

(*辛さ設定低め)


ライス

チキンスープカレー

あっさり旨味系
・(写真はちょっとYellowっぽい?)
和風だしと鶏ガラの旨味が強く出たあっさりスープで、スープカレーらしいスパイス感もしっかりあります。素揚げされた大きな野菜や柔らかく煮込まれたチキンレッグが入り、予想以上に力の入った本格派でした。「からからや」タイプが好きな人は気に入るかも・・・?!



*********************************
 もつ鍋と炭焼 『山の猿 極(北3条店)』
住所:北海道札幌市中央区北3条西1 リッチモンドホテル 札幌駅前1F
営業時間:(朝)6:30〜10:30、(ランチ)11:30〜15:00、(ディナー)17:00〜3:00
*スープカレーは昼のみ
定休日:無休
*********************************
地図情報はこちら

TARA(ターラ) スープカレー

【札幌市中央区(大通)】〔カレー(スープ/カシミール/ルー)〕
SPICE BAR TARA(スパイスバー ターラ)
 スープカレー  TARA  ターラ

・ SPICE BAR 『TARA(ターラ)』

アルコール、アラカルトが充実のカレーバー
薬膳を思わせる独創性あるTARAのスパイス使いは驚愕!!



メニュー
メニュー表(クリックで拡大)

*カレーは3種
・スープタイプ
・カシミール(スープとルーの中間)
・TARA(ルー)







TARA スープカレー チキン



☆ (スープタイプ)チキン野菜 辛口 ☆




TARA チキン野菜

ややこってり激辛系(薬膳/南インド系)
・薬膳インドカリ店って感じ、香辛料が抽出された油膜で覆われたスープはマグマのように真っ赤。やや油が多い点を除けば南インド系のカレ−に分類されるでしょうか。
TARAに行く機会があれば、スープの香りに注目してみてください、食欲をそそる独特な匂いがするはずです。多種類のハーブやレモングラス、カルダモンを思わせる爽やかな芳香も感じられると思います、ハーブのためかレゴンも思い出しました。スープからは鶏・魚系の旨味に加え、豚脂を思わせる濃厚さも感じられます。




チキン

・ハーブとスパイスで味付けされたチキンが荒めのパン粉で香味揚げに。



ただ、どちらかというとカレーマニア向けお店かも知れない…。


前回の記事はこちら(チキン野菜)

*********************************
SPICE BAR 『TARA(ターラ)』
住所: 北海道札幌市中央区南一条西4丁目 日本旅行ビルB1F
営業時間:11:30-15:00, 17:00-24:00 (土日祝11:30-24:00)
定休日:無休
*********************************
地図情報はこちら

アジョワン 北インドカレー(札幌)

【札幌市中央区】〔北インドカレー〕
北インドカリー アジョワン
北インド風カリー  アジョワン

*2008/3/16 移転OPEN
・北インド風カリー 『アジョワン』

日本人が作る北インドカレー。
タンドールやナンはないですが、ご飯にマッチする本格派!!



メニュー
メニュー表(クリックで拡大)

*1 辛さ設定は(辛さなし、甘口、中辛、辛口、大辛)
*2 お店側推奨の食べ方は2つ、
・〔スプーンにライスをのせカリーにつけながら食す〕←スープカレー的
・〔少しづつカリーをライスにかけながら食す〕←ルーカレー的
      




チキンカリー



☆ チキンカリー  (大辛) ☆



チキンカリー

・あっさり北インドカレー
北インド『風』なんて謙遜(?)しなくても、インドやネパールの調理人にも負けない美味しい間違いなく北インドに分類できるカレー!!
インドカレーは通常、びっくりするくらいの油をつかうんだけど「アジョワン」の北インド風カリーの油は少なめあっさりタイプ。

油は少なめですが、たっぷり入った玉ねぎとトマトが生み出す濃厚な旨味と甘み、さらにトロミも十分なので物足りなさはありません。

・スパイスは、やはり基本の「クミン(ホール)」のみがスターターとなっており、実際に食べてみると、「カルダモン」が強く効いているのを感じます。

土鍋で出てくる北インドカレーは何気に斬新でした。(*天竺は南インド)
シンプルながら、よく研究されている!という印象。
お店の推奨する食べ方を読んで感じたとおり、まるで北インドカレーとスープカレーの中間のようなオリジナリティも感じられたのでスープカレーファンも行ってみても良いかもしれませんね☆


*********************************
北インド風カリー 「アジョワン」
住所:北海道札幌市中央区北6条西26丁目5-1
営業時間:11:00〜21:00
定休日:不定
*********************************

地図情報はこちら

MAJI.U 柊(ひいらぎ) スープカレー

【札幌市中央区(狸小路8丁目】〔スープカレー〕
スープカリー MAJI.II 柊(まじ つー ひいらぎ)
スープカレー  MAJI.U 柊 ( まじ つー ひいらぎ)

・スープカリー 『MAJI.U 柊 ( まじ つー ひいらぎ)』

北見の人気店が3月1日札幌の狸小路8丁目に支店をOPEN!
(狸小路7丁目付近、中国系の観光客やたら多いのはなんで・・・?)

・メニュー表にスープの解説が書いてくれてあるようなので・・・、いつでも良いかな・・・って思ってたら少し行くのが遅れましたが、書けることはたくさんありました。他の方の記事では触れてなさそうなことを自分なりの切り口触れていこうと思います




メニュー表
メニュー表(クリックで拡大)



*メニュー表によれば、スープ4種は・・・、
・かつおと昆布の和だしベース「サリー」
・トマトベースのこてさらスープ 「ジャマイカ」
・より濃厚に、よりハードに仕上げた「ボンベイブラック」
・たまねぎベースのこってりスープ「石焼」


以上を予備知識として踏まえた上で、記事を書きます




ボンベイチキン


☆ (ボンベイブラック) とろとろチキン 4番 ☆

(4番は無料上限、スープカレー的辛口には少し届かないくらい。)



そばの実ご飯

・そばの実ご飯(日替わりライス)
(*白米、黒米、ターメリック、日替わりの中から選択可)

珍しいもの、面白いもの好きの自分はこうゆうの大好き!
彩りや、バリエーションが豊富な点も魅力的☆



ボンベイブラック

ボンベイブラック
・ややあっさり〜中濃トマト系
(激辛系かトマト系かで迷いました・・・、少し辛めが旨いと思う)

フライドガーリックや赤ワインの強烈さにマスクされて気づきにくいかも知れませんが、
「ボンベイブラック」は明らかに 『(焦がしバジルの)トマト系スープ』 がベース。

・「ジャマイカ」がトマトベースのこてさら系スープということを考えると、
「ジャマイカ」にさらに手を加えて「ボンベイブラック」に変えてるんじゃないかな?

・(もしくは)鶏がらと和風だしが強く効いている点に注目すれば、アレンジしやすいカツオと昆布の「サリー」を基本のスープとして大量に作り、そこから派生させて残りの3種のスープを作っている可能性も。。(*とにかく4本すべてを全く別スープとして仕込んでるとは考えにくい・・・。)

・これは好みにもよると思うんですが、トマトと赤ワインが酸味系でかぶってやや強く、また、焦がしバジルとブライドガーリックから大人な苦味を感じました。

・ちなみに、ボンベイブラックの黒っぽい色は醤油を疑っていましたが・・・、違いました。意図的に焦がした何かでしょうか・・・?

・フライドガーリック、トマト、赤ワイン・・・、個性が強い素材が多いのでスパイスは負けて感じにくい方のスープかも知れません。。。



その他、
・具は、ナス・カボチャ・ピーマンあたりは素揚げですが、残りの野菜は煮込みなので余分な油が入らず、注文から提供までの時間の短縮になっている点を特筆したいです。鶏ガラと和風だしがメインで、豚骨なんかは入ってなさそうなので、あっさり系が好きな人にここのスープは好まれるかと思います。

スープを複数種持ってる店は、できればスープカレー店が少ない地域に来てほしいかった。狸小路に来ると、ベンベラがすごく気になってしまう・・・。

**********************************
スープカリー『MAJI.U 柊(まじ つー ひいらぎ)』
住所:北海道札幌市中央区南3条西8丁目 狸小路8丁目 島屋ビルB1F
営業時間:11:30〜23:00(スープが無くなり次第終了)
定休日:無休
**********************************

地図情報はこちら

クリシュナ札幌大通店 インドカレー

【中央区大通駅周辺】〔スープカレー&インドカレー〕
インド料理レストラン クリシュナ札幌大通店
インド料理レストラン  クリシュナ札幌大通店

地下鉄大通駅直結のインドカレー店 「クリシュナ」

・究極の白いカレー(単品1350円)が「じゃらん」に掲載されました
ナンの種類も豊富


マトンサーグワラ+あんこナン



☆ マトンサグワーラ + あんこナン 4/4番 ☆



マトンサグワラ

・オリジナルソースの濃厚インドカレー
へルシー志向の方は油の多さで少し引くかも・・・(^^;) 
マトンとほうれん草ペーストの組み合わせは旨味がありながらスッキリとした味わい。



あんこナン

・あんこナンにしてみました



あんこナン

・餡はぎっしりって感じでもないけど、ナン自体にも甘みがあるので、かなり甘く感じました。
正直、マトンサグワラとの相性は悪かった・・・。
菓子パンのようなナンなので、これは単体で食べたいかな。




前回の記事はこちら
(ランチセット マトンカレー,タンドリーチキン)


**********************************
「クリシュナ 札幌店」(大通り周辺、インドカレー)
住所:北海道札幌市中央区大通西4丁目 札幌銀行地下2F
営業時間:11:00〜15:00(Lo14:30)、17:00〜22:00(21:30)
定休日:無休
**********************************


地図情報はこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。